投稿の詳細: オーセロワ 狂詩曲

2010/06/19

Permalink 15:26:14, 著者: admin_tetu, 0 語, 1029 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 清水台平野屋の日々

オーセロワ 狂詩曲

先日、フランスのアルザスワインが入荷しました。
マルタンシャッゼルのオーセロワ・アン・バリック2008年 2,200円

私のオーセロワの知識は、ムールヴェードル種の別名のことでした。赤ブドウの中でも特に個性の強いムールヴェードルで、どうして白ワインを造ったのだろう?
アルザスで修行したシェフに、「珍しいオーセロワのワインが入荷しましたよ」と案内したら、
「アルザスではポピュラーなブドウですよ。ピノ・オーセロワと言われています」
「ブラン・ド・ノワールがポピュラーなんですか?」
「?オーセロワは白ブドウですよ…」

え~っ。当社HPの新商品案内にも、「ムールヴェードルで造った珍しい白ワイン。やはり赤ブドウのニュアンスを感じます」などと書いてしまった。
勿論今は書き換えましたが、この幻の(笑)コメントを見た方が何人おられるのか。何とも…恥ずかしい…

オーセロワは、ピノ・ブランに近く、肉厚なので、主にブレンド用に使われるようです。そして、良く出来たワインは、シャルドネに近い高貴な味わいになるそうです。

言い訳っぽいですが、確かに赤のニュアンスがあるのですよ!樽のせいもあるのでしょうが。
深みのある美味しいワインです。
冷やして、ロゼの代わりに白身の肉と合わせてみたいです。

この記事へのトラックバック アドレス

http://hiranoya-web.com/b2/htsrv/trackback.php?tb_id=86

コメント, トラックバック:

この投稿への コメント/トラックバック はまだありません...

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

ブログ清水台平野屋

日々、店主が訪問した蔵やメーカー・ 商品の感想を書き綴っています。

2019年11月
<< <     
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

リンクブログ